投稿

久々にブログを見てみると...&今後の予定

イメージ
久々にブログを見てみると、路頭に迷ってる感ハンパないですね。まあ、仕事も変わって、外食もやめて、というか新型コロナで生活がガラっと変わって。 それも仕方のないことなのかもしれません。 今後の予定 というわけで、今後の予定を簡単に立てたいと思います。 非公開100件 投稿を見てみると非公開の投稿が100件以上もありました。ビックリです。ほとんどは写真と住所・地図だけアップした空記事です。これをボチボチあげていきたいと思います。たぶん当初は収益化一心で記事内容とか、タイトルとか文字数とか考えて躊躇していたんでしょうね。なんか昔の自分がかわいそうになります。 現在、このブログに関しては注力していなので趣味とメモ、実験目的で運営しようかなと考えています。 グルメに関係ない記事 グルメに関係ない記事となんかよくわからない持論の記事は省こうと思います。グルメに関係ない記事は別に岡山のブログを作成したのでそちらへ。よくわからない持論はこの運営ブログにでもぶち込もうと思います。 個人的には、個人が運営するブログなので型にハマらなくていいと思っているのですが、別に運営するサイトがより専門性を意識するようになって、ここだけは外せないという感じになっています。 最終的に 最終的には当初の収益化のモデルを目指そうと思っています。当初から構想はあったのですが、いろんなブログを参考にしながら軌道修正どころか泥沼にハマった感があります。まあ、遠い道のりですね。あと、これは微妙なところなのですがページの活用もありかもしれないです。岡山をメインにしている強みもありますし、管理も楽になるような気がします。 ここにきてページ管理の原点に戻るのもなとは思いますが、、、。

ブタメンに待望のシーフード味登場 ※ブタメンパラダイス

イメージ
昨日、100均のダイソーへ行ったのですが、いつものごとくブタメンを買おうとしたところ、なんと!「シーフード味」がありました。 ブタメンというと、我が家では「とんこつ」が定番です。 というのも娘が「とんこつ」オンリーだからです。息子は「とんこつ」と「カレー」が好みでなんでもいける?と思います。私は何でもいいのですが、娘のせいで「とんこつ」が大好きです。 妻は? わからないです。。。 先ほど「シーフード味」を食べてみましたが、なかなかいけますね。期待を裏切らないシーフードです。たぶん息子は気に入る?というか一番好きになるでしょう。 ブタメンはここ数年でお気に入りのインスタントラーメンです。なんといってもちょうどいい量と価格。同じくらいの量は各社であるのですが、そこまでクオリティーを求めてないんですよね。要は価格です。

グルメブログで使えそうないらすとやの素材

イメージ
グルメブログで使えそうな「いらすとや」の素材です。 当ブログでもお世話になっています。 いろいろなレストランで使うイラスト文字 | かわいいフリー素材集 いらすとや いろいろなセットメニューのマーク(POP) | かわいいフリー素材集 いらすとや

岡山のグルメ以外のネタを投稿するために新規ドメインを取得することに

イメージ
やはり、「okayamagourmet.net」は岡山のグルメをメインにしようということで、グルメ以外のネタを投稿するために新規ドメインを取得することにしました。 岡山のグルメをメインにしようと思った理由は、ドメイン名に思いっきり「グルメ」が入っている。すでに飲食店の記事を書いている。飲食のネタは尽きない。などなど、いろいろと理由はあるのですが、一番はSEO対策ですね。 グーグルのがサイトを評価する指標に専門性があります。 この専門性、いわゆる専門家という側面もあるのですが、それ以外にもあることがわかりました。これは、まだ実験中・調査中なのですが、素人でもサイトやブログに専門性を持たせることはできます。要はどれだけ的を絞って書いているか?ですね。 素人でも素人なりの視点がありますよね。つまり、結果的に専門家を目指すわけですが、現時点で専門家である必要はないということです。 ちなみに独自ドメインは、バリュードメインというドメイン総合サービスにて取得しました。

岡山県で節約するなら?

イメージ
岡山県で節約するなら?というお話。 ポイントカードやクーポン、割引、セール、キャシュレス決済やクレジットカードなんかの支払方法で節約することはできるんですが、岡山県独自の節約方法ってないだろうか?と思いました。 すぐに思いついたのが、岡山にあるスーパー独自のポイントカード。既出なのですが、岡山県独自なのでありでしょう。岡山のスーパーで独自に発行しているポイントカードは、両備ストアの「たまるんカード」と天満屋の「ハッピーカード」でしょうか。 となると、ホームセンター「タイム」のカードとかもあるので、独自性はあまり感じませんね。 あとは、交通安全協会でしょうか。交通安全協会の正会員証と自動車運転免許証を提示して申し込めば、割引などの特典が受けられます。 協賛店ガイド|一般財団法人岡山県交通安全協会 子育てをしている方であれば「ももっこカード」というカードがあります。「おかやま子育て家庭応援カード(ももっこカード)」を協賛店舗で提示すると、いろいろな子育て応援サービスを受けることができます。 ももっこカードって何?|おかやま はぐくまーれ 交通だと金券ショップや早割、レジャーだとJAFやみんなの優待なんかの定額優待サービス、アプリクーポン、、、。結局、岡山県独自の節約法を探すのって難しいですね。

グルメブログ記事に周辺情報を追加

グルメブログ記事に周辺情報を追加しようかなと考えています。 以前からこの考えはあって、食後にコーヒーでも飲めるカフェも紹介したいなとか、「何か買い物があればここがありますよー」みたいなことを書きたいなと考えていました。 で、冷静に考えてみたら、自分が実際に昼ご飯を外食で食べて、寄っていたのがコンビニなんですよね。 禁煙ガーが多いので、あんまり大きな声で言えないんですけど、昼めし食ったらコンビニで一服っていうパターンが多かった。 なので、飲食店から一番近いコンビニっていうコンテンツを追加していこうと思います。コンビニも競争激化で数年後には閉店なんていうパターンも多そうですけどね。 コンビニの他に、、、。 ガソリンスタンドとかホテルとか、考えられますけど、メインがランチのお店ですからね。よほどの有名店じゃないと、ちょっと紹介する気にはなれないですね。 観光まではいかなくても、散策コースっぽい感じで公園とかも紹介できそうですね。そういえば備前市香登「大阪屋食堂」の「唐揚げ定食」を食べたときに茶臼山公園を紹介していました。 香登駅から徒歩で約1分!備前市香登でガッツリ食べたい方におすすめ「大阪屋食堂」の「唐揚げ定食」 こんな感じで、グーグルマップから調べてもいいですね。 「周辺」のスラッグやid 「周辺」のスラッグやidは「vicinity」を使おうかなと思います。 オススメはvicinityを使った表現です。 Vicinityは周辺、近隣という意味があり、付近、近郊、界隈などを言うときに便利です。 例えば There are no convenience stores in the vicinity of my house. 僕の家周辺にはコンビニが1つもない。 in the vicinity surrounding Shinjuku. 新宿周辺では、... というように使うことができます。 引用元: 〜周辺って英語でなんて言うの? - DMM英会話なんてuKnow? これを読むとどっちにしようか迷っちゃうんですけどね。 aroundとvicinityの違いを図解!品詞と文脈から使い分けをイメージ! | HACKeng PS. ウェブページのコピペ拒否ってる人がたまにいるんですけど、

【マジぴえん】な運営している地域グルメサイトの惨状と今後の対策、ソーシャル周遊圏とクローラー対策

イメージ
「 グーグルサーチコンソールのCLSとLCPの問題 」に引き続き、マジぴえんな内容です。特に地域グルメサイトで一旗あげるぜ!って方には一つの参考になるかもしれません。 当初、運営サイト「 岡山 グルメとお得情報まとめ 」は、ライバルなんてだっれもいないだろっていう地元の飲食店を紹介し、同じく地元のお店のお得な情報へと誘導、もしくは結果的にグーグル検索順位で上がってくれたらなと、安易な考えでした。 結果は散々なもので今は趣味ブログと化しています。しかし、今となっては、それがまたよかったりするんです!。 地元ニッチも大手が攻めてる これが最大の誤算でしたね。大企業でさえも、めちゃニッチな分野を攻めてるんです。あと、知名度とドメインパワーにものをいわすブロガー、「おいおい、あんた岡山県民じゃないでしょ」って人が、魅力的に岡山のお店の情報を伝えてるんですよ。 これは、勝てるわけないと(内容は微妙やったけどね)。 今後の対策 運営サイトのほかに、ツイッターとタンブラーっていうSNSも運営しているのですが、これらを駆使してサイトをメインにしたソーシャル周遊圏と、クローラー対策を施したいなと考えています。 ソーシャル周遊圏っていうのは、もうやってる人は多いんですけど、要はSNS間でのリンクですね。リンクっていうのは実際にユーザーが移動するってことなんですけど、タンブラーではグーグルのアナリティクスでデータが取れるので、これをちょっと活用出来たらなと考えています。 5年くらい前までは、「ツイッターとか、どうでもいいやん」って思ってたんですけど、そんなこと言ってられないですね。自分が時代に追いついてないって、痛感しています。